わきる

薬石とは?


戸室石の特徴


「戸室石」は海底堆積物(地向斜)に由来することから、比較的水溶性が強く、電解質・弱電解質コロイド分散系として水に溶けやすい性質があります。

戸室石には次の特徴があります。


●強い吸着力
被吸着物の範囲も無機から有機にわたります。粒状の「医王石」で水を事前処理すれば、塩素、硝酸、亜硝酸、大腸菌、一般細菌なども吸着して清浄化することが可能です。
●PH調整作用
液状は、大体弱塩基(7.2〜7.4くらい)でPH変動に対して調節緩衝作用が働いて、ある程度調整作用があります。
●酸化・還元等の触媒作用
「戸室石」の粉末を添加した屎尿などの多量の有機物を含む廃水に「曝気」を与えると、触媒作用により短時間でC.O.D・B.O.Dが大幅に低下します
●水の腐敗を防止
水が腐敗する原因は、水中に残存する有機物の嫌気的分解細菌自身の死屍、代謝産物の発酵分解などによるものです。「戸室石」は多孔質空間に大量の空気を吸着含有しており、この空気が徐々に水分子と置換され、酸化的に水解して水の腐敗を防止します。
●ミネラルウォーターの調味作用
ミネラルウォーターには調味作用があります。「山清水の味」のコクのある味は、ミネラルが充分溶存している沈殿の少ない水の味覚を指します。




前のページへ戻る



 








(c) MTC. All rights reserved.